2015年7月31日金曜日

「生物と無生物のあいだ」福岡伸一 (講談社現代新書)



 前もって言っておこう。これからここに書くことは感想であって、解説ではない。学術書の類いについての読書感想は、ややもすると解説もどきになってしまう。そのことを念頭に置き、忌避するためにも、予めここに宣言しておくのである。

 なお動的平衡とは何かということについて、ここでは敢えて言及しない。興味を持っている方は、実際に本書をあたって頂きたい。

 クリック、ワトソン、ウィルキンズ、許すまじ。かの者たちは、謂わば盗人であり、真に評価されるべきは、ロザリンド・フランクリン女史ではないか。斯様な不正が罷り通ってよいものか。否、断じてよいわけがない。

 物理科学の学問世界とは、純粋な探究心と純真無垢なつぶらな瞳を持つ科学者たちが日夜、あれやこれやと切磋琢磨しているところだと思い込んでいた私が愚かであった。社会のしがらみは、科学の世界をも蝕んでいたのだ。

 生命はエントロピー増大の法則に抗う。そしてその抗うシステムそのものが生命だと言える。生命とはミクロなパーツから成る精巧な模型のようなものではないのだ。

 エントロピー増大の法則に抗うため、すなわち秩序を保つために、生物は多くの原子や分子から成る必然性があった。その当然の帰結として、生物は原子や分子よりはるかに大きなサイズとなった。

 多くの人間から成る社会も、一つの生物だと言われることがある。確かによく似ている。そして社会に生きる人間は、時に一つの歯車として喩えられる。だが歯車ならば、まだいいではないか。もし一つでも歯車がなければ、機械は動かなくなる。それは機械という大きなシステムにとって、歯車は存在価値があるということだ。


 実際には一個人がいようがいまいが、社会はあり続ける。如何なる国際的要人であれ、いないならいないなりに世界は機能するようにできている。ノックアウトマウスの実験結果と同じだ。確かにまるで生物のようだ。

 社会という生物も存在し続けるため、動的平衡を保っていると言える。
 そして生命というシステムそのものは、いまだ人間の手に負えない不可侵の領域にある。なのに人類が、社会という生物に支配されているというのは、どこか滑稽ではあるまいか。

読書期間:始)2015.1.6 ~ 終)1.12

2015年7月29日水曜日

「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎 (祥伝社文庫)



四人組の銀行強盗たちの活躍(?)を描く、初期の伊坂幸太郎氏の著作です。
初期の著作ということもあって、やや透けているところがあります。
それでもやはり伏線の置き方とその回収の手際は見事です。

まず主人公たち四人組は銀行強盗ですから犯罪者です。
ですが彼ら四人は、決して悪人というわけではない、というところが読者に受け入れられやすい要素ですね。
ただしストーリーや話の盛り上げ方は月並みと言っておきます。
これは氏の作品全般に言えることで、この著作も本筋から見れば瑣末と言える細部にこそ味わいがあります。
 
例えば響野という四人組の一人と、その仲間の雪子の息子、慎一の次のようなやり取りです。
いじめを受けている同級生の救出を響野に求める慎一が、弱肉強食について訊ねる場面です。
 
動物の世界は弱肉強食の世界であり、足が不自由な動物などは強者の餌となってすぐに死ぬ。
それと同様に人間も弱い奴が虐められるのは当然だ、と彼の友人たちが話している、ということを響野に告げます。
果たしてそうなのか、と響野に訊ねるのです。

対する響野の答えは、こうです。
「ライオンが弱いライオンをいじめ殺すか? 弱いライオンは確かに死んでしまうかもしれないが、それは自然にそうなるだけだ。仲間内で食い合ったりしない」

「強いだとか弱いだとかは、何によって決まるんだ? (中略)弱肉強食とほざいているお前の友達は自分より強い奴に殺されることを良しとしているのか? 身体の頑丈さや足の丈夫さで決まるって言うんだったら、慎一、お前は今から四輪駆動の車に乗って、そいつらをはねてくればいい。『パジェロに潰される弱い奴らは死ぬのが当然だ』と教えてやれ」

「どうしてライオンがガゼルを食うかと言えば、食わないと死ぬからだ。弱肉強食ってのは食物連鎖に参加している者たちが口にする台詞だよ。自分が死んでも誰の餌にもならないような、食っても美味くもないような中学生が『弱肉強食』なんて言う権利はないんだよ」

中学生に教える内容としては、結構過激なものですね。
 
また別の場面で四人組の一人、久遠が口にする台詞も感じるところがあります。
「動物は強者に従うけど、人間は強そうな人に従うだけなんだ。絶対的な強さなんて分からないからね。強そうな人とか、怖そうな人とかさ、そういう『強そうな』っていう幻想に騙されちゃう」

うむうむ、と思わず共感してしまいます。

私が思うこの作品の最大のミステリーは、四人組のリーダー格である成瀬の息子タダシ君です。
彼は近い未来に成瀬が見舞われる危機を予知していたのか。
それを示唆するために電話を掛けたのか。
 
読み手の解釈に委ねられた部分ですね。
とはいえ素直に解釈すれば、予知して示唆するために電話を掛けてきたと思えます。
でもやっぱり真実は闇の中ですね。
 
感想短歌
 気にするな 金は天下の回りもの
 生きてる実感 ロマンはどこだ

読書期間:始)2014.12.26 ~ 終)2015.1.5

2015年7月28日火曜日

「Aサイズ殺人事件」阿刀田高 (文春文庫)


 短編の名手が手掛けた、本格推理小説風連作短編です。いわゆる安楽椅子探偵物で、大雑把な基本パターンとしては、語り手の刑事が迷宮入りしそうな事件を、探偵役である方丈和尚のところへ持ち込む。そして和尚の助言をもらい、事件を解決に導くという筋立てです。
 全体として、恐らく駄作の部類に入る出来栄えかと思います。第一に和尚の推理の基となる質問が、まず酷いのです。そして推理の道筋がまた酷いのです。

 一話目。本書のタイトルにもなっている「Aサイズ殺人事件」です。この「Aサイズ」とは女性のバストサイズを指しています。
 一人の女性が殺され、その犯人がわからない。まず被害者である女性のことについて、あれこれ質問する和尚。そこで分かったのが、被害者である女性は三人の男性と肉体関係があったということ。そこから類推すると仮にもう一人、四人目の男がいても不思議ではない、そこまではいいのです。ですがそれと女性の胸のサイズは関係ないだろう、というのが正直な感想です。

 二話目。和尚が知りたかったことは、前入居者のことと部屋にベランダがあるかどうか、という点です。にもかかわらず、ペットがどうだとかベランダに何があるだとか、和尚の質問そのものが読み手を煙に巻くのを目的としているようにしか思えません。

 三話目。重要なのは死んだ男のネクタイではなく、靴の色とその靴を奥さんが覚えているかどうかということなのに、ここでも読み手をはぐらかすためだけのような質問を和尚はします。

 四話目と五話目は、この手の推理物では邪道扱いされる「犯人が複数人」というパターンに至ります。五話目ではさらに酷いことになります。滋賀の雄琴が出てきて、そこから犯人は風俗で働いていた経験のある女性、という迷推理を見せます。風俗業は雄琴にしかないのですか。むしろ雄琴には風俗業しかない、とでもいうのですか。そもそも犯人が風俗経験を持つという推理をどこから導き出したのか、さっぱり不明です。


 不思議系の話を語ることにかけては名手として知られる著者でも、畑が違うとここまで酷くなるのかと思い知らされました。

感想短歌
こじつけの推理を見せる和尚さん
読者の推理を邪魔したいだけ

読書期間:始)2014.12.22 ~ 終)12.25

2015年7月27日月曜日

「悪魔のいる天国」星新一 (新潮文庫)



 ショートショートの神様として知られる星新一氏のSF短編集の一つです。テレビ番組の「世にも奇妙な物語」の原作として使われることもよくあるので、名前くらいはご存知の方も多いのではないでしょうか。

 氏の著作は、宇宙や未来の世界を舞台とした物語が多いのが特徴です。
 「未来予想図」あるいは「科学の発展」という言葉を聞くと、つい幸せな未来や世界を思い描いてしまいがちだと思います。ですが氏が描く未来予想図は、極端に冷徹でシニカルなものです。その極端さが、読者に「そんなバカな。ありえない。荒唐無稽な物語だ」という印象を、善良な読者に与えます。
 また同時に、氏の著作は救いのない話が多く、後味は決していいものだとは言えません。人間性悪説に基づいているのか? と思えるほど、いわゆる「善人」と呼べる人間が出て来ません。登場する人物は軒並み、残酷な人間です。


 ショートショートという物語の構成上、極端な話として短くまとめる必要があったことは想像に難くありません。その極端さが荒唐無稽な印象を生み出しているのも確かでしょう。
 ですが読後には、残酷でない人間など果たしてこの世にいるのだろうか、という逆説的な問いが、現実世界における人間に対して頭をもたげて来ます。


 人間の本質的で暗い部分というものは、誰にでもあるのではないでしょうか。ただ普段は目を背けているだけで、それをできるだけ意識しないように努めてはいるのでしょうけれども。氏はそういう部分に焦点を当て、白日の下に荒唐無稽な話として読者の目に曝している、という感想を私は持ちました。
感想短歌
 幸せな己の未来期待する
 他人の不幸は止むを得まい
読書期間:始)2014.12.14 ~ 終)12.22

2015年7月26日日曜日

「ハンニバル」トマス・ハリス (新潮文庫)



 今回もレクター博士は多くの人間を殺害します。ですが彼は快楽殺人犯や殺人中毒者というわけではありません。 彼の中の価値基準に照らして、生きる値打ちがないと判断した者を、またある時は、彼を追い詰める者を返り討ちにして殺害します。

 しかし、ではなぜクラリスは殺されないのか。
 クラリスのことを好きになってしまったから?
 シンプルな理由ではあるけども、恐らくそう説明する方がわかりやすいかもしれません。しかし、ではレクター博士は彼女のどこに魅了されたのか、という疑問が持ち上がってきます。
 そこを読み解くことが、最終的にはレクター博士の料理に供される者の人選が、どういう基準によるのかというところに繋がるのだと思います。

 我々にとってはごく普通のありきたりな人生も、彼の目には生への冒涜、すなわち許しがたい罪に映るのです。だから殺す。

 私たちも恐らく彼同様、自分なりの倫理観や道徳観を持って生活しています。その中で許しがたい事象や人間に出会ったとしても、社会の法を重んじ、私刑を行うことはありません。

 彼にはその「社会の法」という歯止めがない。
 このことが、読む人によっては彼はただの人殺しだ、と言わしめることもあれば、逆に自らの憤懣を代行して晴らしてくれていると感じる読者を作り出しているのではないでしょうか。


 本作はパッツイ刑事の最期と、クレンドラーの前頭葉の晩餐シーンがあまりにも凄惨過ぎて、他の場面の印象が薄れてしまいます。
 実際には、いろいろな哲学的思索を私たちに見せてくれるのですけども、あいにく先の二つの場面の衝撃が大きすぎて、頭に入りにくかったですね。それに加えて、著者のトマス・ハリスは決して上手い作家ではないからだとも思っています。

 私はフィレンツェの街の描写が好きでした。いつか実際のフィレンツェをこの目で見てみたいなぁ、と感じました。作品の内容に照らすと、そんな暢気な感想をよく持てるな、と言われてしまいそうですけども。
感想短歌
 子羊が勇気を出してミイラ取り
 行きはよいよい 帰りは怖い
読書期間:始)2014.11.1 ~ 終)12.14