2014年12月10日水曜日

「東拘永夜抄」加藤智大 (批評社)



秋葉原連続殺傷事件の加藤智大死刑囚の著書、三冊目です。
これを読む前、先の二冊「解」と「解+」を読んでから、ずっと何かが引っ掛かっていました。

彼の自己分析や事件の説明は、部分的に見ていくと正鵠を射た、冷静な叙述のような印象を受けます。
また彼の説明の内容について、彼の考え方が好きじゃないといった好みの問題と摩り替えられても困る。
事実そうであったのだから、そうだと説明するしかしようがない、といった主張も理解の余地はあります。
だけど私の中では、何かがずっと引っ掛かっていたのです。

本書では先の二冊の説明内容が、物語風というスタイルで書かれています。
まず「解」では、彼はなりすましと荒らしに対して痛み(しつけ)を与えることが目的で、その手段としての事件を実行したという説明をしていました。

これが後の「解+」では、事件を起こすに至った理由をもう一度振り返って、説明をします。
彼は事件を起こすことを躊躇していたものの、すでに犯行予告の書き込みを掲示板に済ませていました。
そのため、その罪での懲役に服すのではないかと考えます。
そして懲役に服すことによって孤立して生きるくらいなら、死刑にされて死んだ方がマシ、という思いが自分の背中を押した、と説明を改めています。

なお彼は本書でも警察の取り調べに対して批判的です。
供述調書の作成中、車やナイフの説明に「人を殺すため」という文言を加えることを強いられた、と言います。
ここで彼と警察の間に言葉の齟齬が発生しています。

一般的に考えても「ため」という言葉は目的を意味しており、彼の目的は人を殺すことではなく、「解」では「しつけ」のため、「解+」では懲役による孤立を回避するため、ということになります。
つまり、その目的達成の手段として事件を起こした、という理屈です。

目的達成の手段が他にも思い付いていたり、なりすましや荒らしがもっと早くに反省していれば、秋葉原連続殺傷事件という手段は必要ではなかった、と説明します。

私はここで、警察の肩を持つ形になりますけれども、自分なりの意見を口にしてみたいと思います。
以下、例え話として続けます。紙を切るというのが目的で、そのための手段として鋏(はさみ)を使おうとしたとします。
ですが、その鋏は自作しなければいけない、とします。
そのために材料や部品を集める。このような場合、鋏という手段を完成させるための「ため」は、紙を切る「ため」でしょうか。

ここは大局的な目的達成を目指す意味合いの「ため」と、手段の完成という「小目的」を目指す意味合いの「ため」を区別するべきでしょう。

すなわち先の例え話と彼の説明を照らし合わせると、「紙を切る」=「しつけ」あるいは「孤立回避」、「鋏」=「事件」、「材料や部品」=「ナイフ、車」という形で対応します。

何のためにナイフを買って、何のために車を借りたのかと問われて、彼は大局的な目的達成のためと説明し、警察の方は手段の完成という局地的な目的としての説明を求めた、と言えます。

意識的なのか無意識的なのかはともかく、このような言葉遊びめいた説明をすることで、彼は相手を煙に巻くような印象を他者に与え、その結果、不快感まで覚えさせているのではないでしょうか。
彼の著書を読むと、このようなもやもやっとした不快感に見舞われます。
そして私もそこに何かずっと引っ掛かりを覚えていたわけです。


そして最後に、多くの方が引っ掛かりを覚えているのではないか、と思われる点について申し上げます。
彼は、悪いことをした相手を改心させるために、その相手を痛い目に遭わせる(しつける)、と説明します。
そして同様のことを、みんなも日常的に行っているではないかと言います。

ここで私は問います。なぜ改心させようとするのか、何のために改心させるのか、と。
また一方で、仮に悪戯をした子供が親に躾けられて、その時に子供が親に謝るのは何故か、何のためか、と問います。

彼は、人はみんな大なり小なり自分の「思い通りにする」ために、人を痛い目に遭わせているではないか、と言います。
私は答えます。
問題は「思い通り」の中身ではないですか、と。
物事を言葉によって抽出、すなわち抽象化して骨だけにしてしまっているから、原型がわかりにくいのです。
一段階、抽象の梯子を降りて、肉がある状態でなければ物事の本来の姿は見えないのです。

子供が親に謝るのは痛いからですか?
子供は痛いことから逃れるために謝るのですか?
良好な関係を築きたい、続けたいからではないのですか?
加藤智大、君は相手と良好な関係を築こうと、続けようと痛い目に遭わせましたか?
その相手はあなたと良好な関係を望んでいましたか?

2014年12月4日木曜日

「図書館戦争」有川浩 (角川文庫)



 シリーズ物はあまり読みません。人気漫画の連載と同じでキリがないですから。しかもシリーズが終了する、其れすなわち人気薄のため、というケースが多いです。そうするとシリーズ全体では、尻すぼみな結末しか待っていない、ということが多々あるからです。

 そんな私が「図書館戦争」(シリーズ第一作)を読んで得た感想は、こういうのもいいな、面白いな、といったものでした。
 漫画は読んでも小説は読まないという人の中には、小説はまだ敷居の高い、お堅いジャンルのように感じる方がいるかもしれません。読み手が減れば、必然的に書き手は減ります。
 漫画は低俗なもの、と思っている狂育熱心な親御さんもいらっしゃると思います。ですけども、漫画が多くの人を楽しませているのも事実です。

 多くの漫画の読者の中には、自分も漫画を描いてみたい、こんな感じなら自分でも描けるんじゃないか、やれるんじゃないかと、ちょっとした遊び程度で漫画を描き始める人もいます。その中から優れた描き手が現れることで、漫画の人気はさらに高まりました。また人気と共に漫画の内容や質も、玉石が交じりつつも発展・向上してきたと思われます。参画人口の多さが、あるジャンルの文化の発展・向上に繋がると言えるのではないでしょうか。

 小説にしても同じで、読者が増えるなら、まずは読みやすく面白い、ただそれだけでいいのではないかと思います。読者の増加がそのまま優れた書き手の出現に繋がるとまでは言いませんけども、ある程度の裾野がなければ、次の担い手の育成すら困難です。
 以上のような理由も視野に入れて、「図書館戦争」は面白いと思えました。読者もこういう感じの話なら自分でも書けるかも、自分も書いてみたいという気になるのではないでしょうか。もちろん実際には難しいんでしょうけどもね。


 内容としては恋愛ものの筋と、表現の自由・言論の自由を巡って図書館と政府が対立し、抗争するという二重の筋から構成されます。前者はお約束的なシンプルな話ですし、後者もさほど深刻な話にまでは掘り下げられていないので、ファンタジー要素のないライトノベルのような感じで読めるのではないかと思います。
 若干、私の苦手な体言止めが目に付きましたけども、それを差し引いても、小説に苦手意識を持ってる人にお勧めできる本ではないかと思います。