2014年9月26日金曜日

「論文の書き方」清水幾太郎 (岩波新書)



 文章とは何か、という本質的なことについて、私がはじめて考えさせられる契機になった本です。初読はかなり以前で、今回わざわざ買い直して、改めて読み返してみました。

 いわゆるハウツー本とは全く異なります。もしそういうお手軽ハウツー本を求めているなら、お勧めできない内容です。ですが同時に、文章について何も考えを持ち合わせていないなら、むしろ読んでおくべき本かとも思います。

 特に「『あるがままに』書くことはやめよう」の章は、文章を書くという行為そのものが、世界の創造に等しいものだと思い至らせてくれます。そこから素直に類推すれば、創造とは決して楽して簡単にできるものではない、ということにも思い至ります。


 空間に存在するもの、例えばある風景や部屋の様子などを、見たまま書こうとすれば、名詞の羅列になってしまいかねません。詳細な様子、色や形状、状態、匂い、質感、それらのものまで書こうとすれば、一場面を描くために何枚の原稿用紙が必要になることか想像もできません。これらを言葉にするということは、目に映るものの内、何を採り上げ、何を省くのかという作業でもあります。

 さらに言葉は一語一語順番に書く必要があります。ですが、実際に目に映る物体には順番はありません。全て同時に目に映っています。例えば「赤い林檎が皿の上に乗っている」と書くか「皿の上に乗っている林檎は赤い」と書くかで少し意味合いが変わってきます。

 目に映っている状態は同じでも言葉にすると、前者では「乗っている」ことが強調されていますし、後者は「赤い」ことが強調されていることになります。文章を書く際には、そのことを意識して、何に焦点を当てるべきか考えなければなりません。

 また、これは認知言語学の領域にも入ってくる内容になりますけども、「皿の上に林檎がある」状態は、別の見方をすれば「林檎の下に皿がある」とも言える訳です。
 言葉にする、文章にするというのは、認識している世界を自分の脳内で再構築する行為であると同時に、自分がどのように世界を捉えているか、という自己と世界の関係についての再認識でもあるのです。「論文の書き方」は、こういったことに気付かせてくれる良書だと、改めてつくづく思いました。

 最後に余談ですけども、プロ野球ニュースなどで「巨人阪神戦」と書くか「阪神巨人戦」と書くかで、伝える側がどちらのチームに重きを置いているか、なんてことも読み取れる訳です。

2014年9月21日日曜日

「ローマ帽子の秘密」エラリー・クイーン (角川文庫)



 今回、角川の新訳版を読みました。ところで恥ずかしながら、推論方法の名称及びその名称の指し示す手順がどういうものか、私はよく理解してません。
 本作で作者は、演鐸法と心理の観察によって解答に辿り着けるだろうと述べています。「心理の観察」は理解できるのです。しかしもう一方の「演鐸法」というものが、どういう方法なのかがわからないのです。

 演鐸法とは、ある前提・仮定を正しいものとして、それを積み重ねる、あるいは延長して結論を導き出す推論方法、だそうです。
 本作の消えた帽子について、この方法を試してみます。
1、 被害者の帽子が見つからない。
2、 警察が退出を許すまで、劇場から出た者はいない。
3、 2から、犯人は警察の許可が出るまで、劇場から出ていない。
4、 帽子は劇場内に残っていなかった。
 
 まずここまでの前提から、帽子は犯人が持ち去ったに違いない、という小結論が導き出されます。
 次にこの小結論を前提の一つとして扱い、さらに新たな幾つかの前提を積み重ねてみます。

5、 帽子は犯人が持ち去った。
6、 劇場から出る者は全て、身体検査(持ち物検査)を受けた。
7、 6の検査では、誰も余分に帽子を持っていたり、荷物として持ってはいなかった。
 以上から、犯人は帽子を自分の物として、頭に被って出て行ったに違いない、という結論に至ります。つまり犯人は、劇場を出る際に帽子を被っていた者である、ということになります。
 さらに帽子はシルクハットなので、自然な装いをするには必然的に夜会服を着用していただろうことが、推論で導かれます。


 さて、これらの手法が演鐸法と呼ばれるものなのでしょうか。しかしこのやり方では、本作では最終的に犯人を特定することはできないはずです。ちなみに私はこの時点で、消去法で消せる候補者は消した上で、犯人をある一群に絞り込むことができました。但し、特定まではどうしても不可能だったのです。

 考えてみて下さい。「5、帽子は犯人が持ち去った」という条件は、飽くまで推測であって、事実ではないのです。
 もしも役者の誰かが犯人であったような場合、舞台裏の楽屋か衣装部屋にこっそり帽子を持ち込み、劇で使われる小道具用の帽子に紛れ込ませる、ということも可能なのです。この小説のアンフェアな点は、ここにあります。楽屋と衣装部屋を調べた結果が、即ち結論に至るに必要な条件が、事前に十分に提示されていなかった、ということなのです。

2014年9月17日水曜日

「寺田寅彦随筆集 第一巻」小宮豊隆編 (岩波文庫)


 主に明治から昭和の初期まで活動していた物理学者であり、随筆家でもある寺田寅彦氏の随筆集です。
 先日読んだ外山滋比古氏の「日本語の論理」の中で、純粋思考や思考実験の面白さを教えてくれるものとして、寺田寅彦氏の随筆集が取り上げられていたので、試しに読んでみました。

「日本語の論理」外山滋比古 (中公文庫) - 読書記録







 少なくとも読みやすい文章とは思えませんでした。それでも興味を持てるものがいくつかあったので、大雑把に取り上げてみます。
 「科学者と芸術家」で述べられている両者の共通点の話、すなわち表現手段が異なるだけで共に同じものを取り扱っているという指摘に共感しました。個人的には、この内容は科学と芸術だけでなく、科学と宗教の関係にも当て嵌められる気がしたこと、またそこからさらに飛躍して、矛盾する故事や諺の類いも実は相反するものでなく、大きな一つの真理を断片的に切り取って言い表しただけ、という考えも浮かんできました。
 「丸善と三越」に登場する婦人の利己的な行為と、ある者・団体が社会の組織制度に関するある理想に心酔して、それがために奪い殺し傷つけることは共通な点が見られるという指摘には、戦争やその背景にある思想に対する氏の批判を感じました。


 「案内者」での案内する者と案内される者が気をつけなければ行けない点、特に案内される者が注意しなければならない点についての指摘は、外山滋比古氏の言う「グライダー」を連想させます。
 「断水の日」は、まさに現在の日本のある状況を予見したような内容です。『水道にせよ木煉瓦にせよ、つまりはそういう構造物の科学的研究が』から『その責任の半分は無検定のものに信頼する世間にもないとは言われないような気がする』までの内容は、例えば現在の原子力発電が抱える問題の原因と帰結を指摘するもののように思えてなりません。
 最後に「ねずみと猫」で描かれる猫の仕種が、とても写実的でそれ故にとても可愛らしく感じたこと、にやりと笑ってしまったことも付け加えておきます。

2014年9月13日土曜日

「ウロボロスの基礎論」竹本健治 (講談社ノベルス)


 前作「ウロボロスの偽書」と同じく、この小説は推理小説ではありません。推理小説的な側面は備えています。しかしそれは飽くまで形式的に組み込まれただけの観があります。その点こそ本当に、う○こです。

「ウロボロスの偽書」竹本健治 (講談社ノベルス) - 読書記録







 推理小説と呼ぶには、回収し切れていない事柄が多いことを挙げておきます。「もう一人の僕」「書き加え事件」「第一のうんこ事件」と真相を明かさずに、垂れ流し状態です。
 とは言え、私はこれらのことに腹を立てたりはしません。実際に私が生活する現実においても、わからないものはわからないままで置き去りにされているからです。
 例えばテレビやインターネットの仕組みなど、未だによく理解していません。私にとって、機械の類は全て謎だと言えるくらいです。
 にも関わらず、特に追求もせずに、平然と受け流して暮らしています。その点では、本作はある意味、妙な現実感があると言っていいかもしれません。

 竹本氏は虚構を、実際に現実で起きた事件と思わせようという意図が本気であったのかどうか、この点は微妙です。「うんこ事件」なるものに、果たしてどれだけの現実味を持たせることができるでしょうか。あまりに現実離れしている事件のように思われます。

 現実と現実味は違う。虚構における現実味とは、その物語における現実水準に(意識的・無意識的かは問わず)照らして判断されるものだ。という論を展開することが主眼であったなら、それはほぼ成功しているかと思います。


 全体に対しての個人的な感想としては、持って回った情景描写や修飾が多すぎなのではないかという印象があります。視覚的な情報だけに限らず、ある事物・事象を正確に伝えるために、言葉を重ねれば重ねるほど、皮肉にも書き手の言わんとするところが伝わらない、ということは往々にしてあります。

 論文であれば、また事情が違ってきます。ですが、読み手にイメージを喚起させる、という思惑が強い小説においては、イメージの細部は読み手に任せる形で放り出してしまう方が、却っていい結果に結びつきそうです。

 認知言語学でいうところの「典型例・理想例」あたりを活用する方法が効果的かと思います。ですが、ここでそのあたりのことを深く掘り下げても仕方がないようにも思えますので、今回はこの辺にしておきます。

2014年9月7日日曜日

「学問のすすめ」福沢諭吉 [校注]伊藤正雄 (講談社学術文庫)



 誰でも書名と冒頭の一文程度は知っている著作だと思います。ですが全文を読んだという人は、どの程度いるでしょうかね。
 明治と平成の今、その両者を、この著作を通して比較してみると、いろいろと興味深い事柄が浮かび上がってきます。

 この著作からは、とにかく何でもかんでも欧米万歳、といった近代文明至上主義とでも呼べば良いような考え方が提示されます。ただしこれは当時それまで根強く支配していた、儒教や仏教的な考え方を覆すための詭弁だと考える方が妥当です。このことは第十五編「東西の人民、風俗を別にし」から始まる内容を読むと明確です。

 とはいえ、自国に適した文化や文明を確立する前段階で、個人の自由平等の思想、独立自尊の精神を根付かせる必要があると考えて、とにかくそれまでの日本的なものを、全て打ち壊そうとしていたのではないでしょうか。


 この著作が書かれた明治と平成の今、日本人はどう変わったのでしょうか。封建的な体制はなくなり、欧米から取り入れられるものは何でも取り入れてきました。そして近代文明至上主義的な観点まで取り込んでしまいました。

 「天は人の上に人を作らず」という根本思想を忘れ、近代文明至上主義的な観点から見て、自国より劣っているように見える文化や文明を持つ国と国民を卑下するような人間が、多く闊歩する国になってしまいました。

 顕著な歴史的事実を挙げれば、日韓併合という名の植民地政策が分かりやすいかと思います。そして今現在も、近代文明の届かない地を未開の地、そこに住む人を未開人というような見方をしています。なぜその国の文化や文明を、それで良しと認めようとしないのでしょう。

 明治の福沢諭吉ですか、あなた方は。否、福沢諭吉は「東西の人民、風俗を別にし」から始まる内容で、欧米の近代文明を疑うことを説いているのですから、まだ先見の明があったと考えるべきでしょう。後に訪れる段階を見越した内容だと思います。

 むしろ今の日本人は、儒教や仏教的なもの全てを下等なもの・間違ったものとして、そこから必死に脱却しようとしている段階のようです。もうね、そんな段階はいい加減卒業しましょうよ。

 この著作を読むことで、今の日本人が明治から全然成長できていないことを、私は思い知らされることになりました。