2014年7月16日水曜日

「百器徒然袋 風」京極夏彦 (講談社文庫)



 本作は京極夏彦氏の百鬼夜行シリーズに登場する名脇役、榎木津礼二郎を主人公とした連作小説「百器徒然袋‐雨」の続編となる作品です。

 この主人公、榎木津礼二郎は調査も捜査も推理もしない探偵です。およそ探偵らしいことは何一つせずに、ただ「お前が犯人だ」と結論だけを口にして、なおかつ言い当てます。筋が通らないようなお話ですが、何も彼は出鱈目を口にしている訳ではありません。通常の人には見えないものが彼の目には見えているのです。作中では、それは特殊な体質として説明されるだけです。その説明によると、他人が過去に見た視覚情報が、自分の意思とは無関係に見えてしまう、という体質なのだそうです。

 そんな体質なら、どんな事件も即座に解決してしまいそうなものですが、しかし彼の周囲で起こる事件は、大抵そのような体質だけでは解決できない類いのものばかりなのです。事件を解決に導くのは彼の体質ではなく、むしろその破天荒にして非常識な人間性であると言えます。


 今回の三編では「五徳猫事件」で、榎木津を強く敵視する輩を生み出し、後の「雲外鏡」と「面霊気」の二編にて、決着を付けるという構成になっています。但し、榎木津は無敵です。そういう位置づけにある人物なのです。従って正面から立ち向かって敵う相手はいません。ですから敵は搦め手を使って、榎木津の探偵としての評判や名声を貶めようと企みます。ですが当の榎木津本人が、元来そういうものに執着しない人間なので、その企み自体が見当外れです。結局、困ることになるのは榎木津の周囲の人間だけで、その人達にしてみれば、とばっちりも甚だしいと云う訳です。

 そのとばっちりを受ける人達のため、百鬼夜行シリーズの主人公、中禅寺秋彦が少し助け舟を出します。最終的には本作の主人公榎木津が、いつも通りの力技で解決してしまいます。本作は難しく考えずに、彼の破天荒にして非常識な活躍や振る舞いを楽しめる作品となっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿