2014年6月25日水曜日

「今昔続百鬼‐雲」京極夏彦 (講談社ノベルス)



 京極氏の連作小説です。舞台となるのは百鬼夜行シリーズと同じく、終戦後間もない昭和です。主人公は多々良勝五郎と云う妖怪研究家です。「岸涯小僧」「泥田坊」「手の目」「古庫裏婆」の四編です。

 主人公の多々良は基本的に活躍しません。所謂「事件」というものに関しては、全くの役立たずです。事件そっちのけで、やれ河童が出た、河童が犯人だ、やれ妖怪の仕業だと騒いでみたり、鳥山石燕の「画図百鬼夜行」を開いては、件の妖怪画についての推理や考察を始めるのです。彼の頭の中は妖怪のことだけで、世俗的な所謂「事件」には興味を持ちません。なのに、何故か首を突っ込んできては巻き込まれます。果ては生命の危機にまで直面しますから、馬鹿としか言い様がありません。

 そんな主人公の物語で、一体どのように事件が解決されるのか。結論を先に言いますと、事件の方から勝手に解決に至ってしまいます。どの話のどの事件も、よくよく考えてみると、主人公が関わろうと関わらなくとも、遅かれ早かれ解決していたと思われるものばかりなのです。全く馬鹿馬鹿しい限りです。

 ですが舞台が例のシリーズと同じくしていることもあって、黒い着物の男が最後のお話で登場します。その男とは、知る人ぞ知るあの古本屋店主、つまり京極堂こと中禅寺秋彦のことです。「今昔続百鬼」の見所は、ほぼここに尽きます。憑き物落としで、いつものように事件を解決してしまいます。格好良いのです。


 多々良勝五郎は正直言ってどうでもいいです。格好良くもありませんし、デブで暑苦しいだけの妖怪薀蓄野郎です。但し、彼は百鬼夜行シリーズにも、少しだけ顔を出してきます。ですから京極堂のファンであれば、多々良という人物についての予備知識を仕入れる、あるいは百鬼夜行シリーズの一挿話として楽しむ、という読み方で楽しむのが妥当かと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿