2013年5月7日火曜日

「占星術殺人事件」島田荘司 (講談社文庫)



 どうも私は、推理小説とは肌が合わないようです。これまでにも何冊か、推理小説と呼ばれる類のものを読みました。しかし、どうしてもワクワクドキドキしないのです。このことについて、本作にも触れつつ、自分なりに考えていこうと思います。

 まず推理の条件提示に中る部分が、まだるっこしく感じます。エラリー・クイーンの手法とでも言うのでしょうか。犯人に辿り着くヒント・手掛りを、文章中にさりげなく潜ませてある部分が、楽しく読めないのです。数学であれば、設問部分に中る箇所です。思うに、数学を好む人の多くは設問ではなく、解に至るまでの思索を楽しんでいるのではないでしょうか。

 推理小説と呼ばれるものの多くは、この設問箇所に多くの労力を費やしているように見受けられます。再度、数学で喩えるなら、矢鱈と長い文章問題といったところです。この部分を楽しく読めるというのは、私には不可解です。

 次に登場人物について考えてみます。推理小説の場合、先に謎ありき、といったところから作品が作られていきます。即ち、こういう謎、こういうトリックを成立させるためには……というところから、犯人の性格や立場、また周囲の人間関係や犯行の動機などが決定されていきます。本来ならば、後々湧き上がるはずの謎が、先立って犯人像とその言動を決定してしまう、という転倒が起こる訳です。

 そして本作のような、事後解決型の筋立てになると、探偵役は安全な位置で観察・分析・推理を行うことになります。こうなるとストーリーに大きな動きはなく、しばしば退屈な思いをさせられます。探偵役が最後には必ず謎を解決するという結末は、必然であり、予定調和となります。あとはどんなタイミングで、どのように解決して見せるのか、という演出上の問題に帰結します。


 こうなると多くの場合、読者の関心は探偵よりも犯人側に向かうことになります。その人物、動機、トリックの方法に向かう訳です。しかし残念なことに、推理小説では先に人物ありきではなく、先に謎ありき、なのです。犯人は謎のために作られた人格であり、その動機も言動も、全て謎の成立のためだけに作られるのです。

 数学で喩えるなら、解ける「解」が先に用意されてから、その「解」に至るための、適切な設問が作られるという手順です。真に思索を好む者とは、果たしてそのような問題に興味を抱くものなのでしょうか。

 ある解に対して仮説を立て、立証して行く楽しさとは、どこまで追求しても、その解が真だと言い切れない部分にあるのではないかと、私は思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿