2013年3月20日水曜日

「砂漠」伊坂幸太郎 (新潮文庫)



凡庸な大学生・北村と、彼を取り巻く友人達の周囲に起こる出来事を綴った青春小説です。

ところで、私には嫌いなものが二つあります。
一つはクッキーやゆで卵の黄身など、口の中が渇く類いの食べ物です。
もう一つは、愚鈍なくせに理屈っぽい人間です。

あとうるさい人や煩わしい人も嫌いです。
さらに加えて、小太りな人間、知った風な顔で安っぽい使命感や正義感を振りかざして、後先を考えずに行動するような人も嫌いです。
二つどころではありませんでした。
嘘吐きですね。
すみません。

およそ私の嫌いなものを寄せ集めたような人が、北村の友人・西嶋です。
当て嵌まらないのは、彼が口の中が渇く類いの食べ物ではないことくらいです。

そんな西嶋ですが、彼に対する友人達の評価は、それほど悪いものではありません。
西嶋は憶さない、自分を信じている、恰好悪いけど堂々としている、見苦しいけど見苦しくない、西嶋を見てると何でもできるような気がする、等々です。
彼なら砂漠に雪を降らせることもできるかもしれないって気がする、なんてことを言う人まで出てくる始末です。
無理無理。
無理ですよ。

小さな悪事を目撃して、警察に通報もせず、好奇心からか安っぽい正義感や使命感からなのか、危ない状況に自ら首を突っ込む友人を無理にでも引き止めもせずに、大怪我をさせてしまうような人が、一体誰を救えると言うんですか。
そもそも自分の安っぽい正義が、時には逆に人を傷つけてしまうことがあることすら、念頭にないのですから。


では悪事は見て見ぬ振りをするか、他の人に何とかしてもらうのがいいのか? と問われるかもしれません。
そうです。
その通りです。
それが一番安全で、無難です。

とは言え、世の中は悪意で溢れています。
ちなみに悪意に大小はありません。
仮に大小があったとしても、悪意は悪意以外の何ものでもありません。
さておき、悪意は見て見ぬ振りをしようとしても、誰かに何とかしてもらおうとしても、否応なく自分の身や自分の親しい人達に降りかかって来たりします。
いざという時とは、まさにこういう時です。

ところが、いざという時にはやる、なんて豪語している人ほど、いざという時が来てもやらないのが常です。
西嶋はそれに比べて、どんなことも真剣勝負です。
言い訳もせずに、逃げないで克服しようと試みます。
何かができないことを、人に笑われるのが悔しいのではなくて、できない自分自身が、無力な自分自身が悔しくて必死にやります。
傍からは詰まらないこと、必死にやるようなことじゃないと思われても関係ないのです。

そして時々、私はそういう人間になりたい、とも思うのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿