2013年2月25日月曜日

「重力ピエロ」伊坂幸太郎 (新潮文庫)



連続放火事件とグラフィティアートの謎を追う兄と弟。
二人は事件に、ある規則性があることに気付く。
放火魔の目的は何なのか? 放火魔は誰なのか? と云う推理小説的な筋立てに期待して本作を読むと、手痛いしっぺ返しを喰らいます。

確かに推理小説染みた側面はあります。
ですが、そこに意識を置いて読み進めると、かなり詰まらない読後感に襲われるかと思います。

本作のテーマは、家族の絆なのです。
このようなテーマを掲げる多くの物語は、主人公とその家族という多対一と云う形で描かれます。
ですが、本作の場合は異なります。
まず兄と弟との個と個の絆が描かれます。
次に二人は「兄弟」あるいは「子」と云う不可分な要素となり、子と父との絆、子と母との絆が語られます。

幼い兄弟が母親に連れられて競馬場に行った時の話なんて、ご都合主義の極致と言えます。
ですが、これがいいのです。
敢えて言い換えて、劇的展開と呼びたい程です。
また物語のラスト近くでの、父とのやり取りも秀逸です。
「お前は俺に似て、嘘が下手だ」
この物語におけるこの台詞は、これ以上ない親子の証明です。

このように心温まる家族の絆を描く一方、この物語は「親殺しの桃太郎」の話でもあります。
桃太郎の話に登場する鬼は、実は暗喩だとする説です。

その男は酒癖も女癖も悪く、親の財産を奪っては好き勝手をする。
また家族にも容赦なく暴力を振るう。そんな男が桃太郎の父親であった。
桃太郎は葛藤の末に、その父親を自ら殺した。
後に、苦悩を抱えて苦しむ桃太郎を見兼ね、そして庇うために脚色が入り、今の昔話の形で伝わった、とする説です。


人には良い面もあれば、悪い面もある。
または、根っからの悪人はいない。
そういう考え方と云うのは非常に良識的なものだと思います。
ですが、そういう考え方をどこかでばっさり切り捨ててしまわなければ、春も桃太郎もどうにも立ち行かなかったのです。
喩えるなら、梅毒とマラリヤなら、梅毒の方が遥かに害毒であり、大きな毒を殺すために別の毒を加えるようなものです。

それにしても今回も多くの名言が見られました。
「テレビは脳味噌を腐らせてしまう」
映像技術の進歩により、視聴覚以外の感覚イメージを喚起する力は、著しく低下してきていると思います。

「死が敗北だと誰が決めた?」
その後、伊坂氏が書く「死神の精度」のモチーフになったのでは? と思わせる台詞です。

「死神の精度」伊坂幸太郎 (文春文庫) - 読書記録







思うに、「死神の精度」の一編に春らしき青年が登場しているのは、単に作者のサービス精神から出た登場、という訳でもないのでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿