2012年11月25日日曜日

「ソードアート・オンライン (3)~(4)」川原礫 (電撃文庫)


あらすじ
SAOがクリアされて約2か月。
桐ヶ谷和人は現実世界への帰還を果たしていた。
だが彼がSAOでの2年間の生活を送るの中で知り合い、これから先、共にあることを誓い合った少女、結城明日奈は帰還していなかった。

病院のベッドで今も眠り続ける明日奈。
不安に苛まれながら病室の彼女を見守ることしかできない和人だったが、ある日VRMMORPG「アルヴヘイム・オンライン(ALO)」の中で明日奈らしき人物を捉えた画像をかつてのSAOでの戦友エギルから見せてもらう。

画像は不明瞭ではあったが、確かにそこに映るのは明日奈に見えた。
和人は真実を確かめるため、再びあの忌まわしい仮想世界へとダイブした。

そしてALOで成り行き上知り合ったエルフの剣士・リーファと共に、明日奈が目撃されたというALOの中心《世界樹》を目指すのだった。

 SAOからの脱出に成功したものの、ゲームの中で契った女性が戻らない。そこで助けに行っちゃうぞーっ!というお話で、(3)が上巻、(4)が下巻です。
 あれほど嫌な経験をしたというのにもかかわらず、主人公はまたも仮想現実へ無双しにいきます。ええ。無双ですよ、無双。そしてまたモテモテですよ。さらに! 今度のヒロインは! 胸が! デカイ!

 ゲーム世界の好き嫌いで言いますと、前作のアインクラッド篇の方が好みです。魔法が出て来ちゃうと基本的に何でもありな気がするんですよね。後から後から、こんな魔法もあるんだ! とかいう展開がちょっと反則かなって。ソードスキルにしても後からいろいろ設定が出てきて、主人公が負けないための設定のような気がして仕方がありませんでしたが。

 でも今回一番無理があると感じたのは、開始からわずか数日で最終ステージまで到達し、その上攻略までするという道程でしょうか。最終ステージにそんな簡単に辿り着けるって、実際にはクソゲーですよね。
 辿り着いてもいろんなフラグを先に攻略しておかないとクリアできない仕様なので、到達自体はさほど難しくなくても問題ない、という設定なんですけどね。



 でもまぁいいでしょう。チートだろうが何だろうが、今回はゲーム攻略が主眼ではなく、愛する明日奈救出が最重要目標ですから。
 いやぁ、でも、システムを意志の力で超えるとかね、いくらなんでも無理なんじゃね?
 前作にしてもそうなんですが、そこが本来一番無理なところと言いますか、その越えられる根拠がどこにも見当たらないのが残念ですね。ハッタリでもいいから適当に、コレコレこういう理屈で意志はシステムを超えられるんだ! みたいなものを書いておけばいいのに、とは感じました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿