2012年10月28日日曜日

「QED 百人一首の呪」高田崇史 (講談社文庫)


あらすじ
サカキ・トレーディング社長・真榊大陸が自宅で殺された!
彼は百人一首の非常に熱心な蒐集家であったが、その死体には一枚の札が握られていた!
関係者には皆アリバイがある!
手掛かりは握られていた札のみ!
だがダイイングメッセージとして読み解こうとすればするほど犯人がわからなくなる!
事件の真相は解き明かされるのか!?

 主人公の桑原崇が百人一首の薀蓄を垂れ流す様は、京極堂が関口に寺社仏閣についての薀蓄を聞かせる様子と似ている気がするのですが、なぜこうも別物になるのでしょうか。

 私としては古文の類は嫌いではありませんが、殊更好きというわけでもありません。そんな私がいくら百人一首について語られても、興味は湧かないのです。
 その辺りのことを読者に興味を持たせて、話に引き込ませることができているのが京極堂であり、できてないのが本作だと考えると納得しやすいかもしれません。


 とにかく退屈なんです。さらにもっと言えば、百人一首の謎とアリバイの謎は無関係なので、百人一首の謎を説く必要がそもそもないんです。
 アリバイの謎だけに注目すれば事足りるのに、無駄に百人一首の薀蓄を聞かされる羽目になります。

 百人一首の謎を解くことでわかることと言えば、真榊大輔がなぜ百人一首を病的に集めていたのか、また子供たちを自分の指示通りの場所に住まわせたのか、という事件の謎そのものとは全く関係のない部分です。
 著者の百人一首についての見解を、主人公に説明させるためだけの小説になってしまっていると言わざるを得ません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿