2012年8月6日月曜日

「天地明察」冲方丁 (角川文庫)



 碁打ちの算哲が、幕府の威信を懸けた暦作りに挑戦するお話です。
 なぜ暦を改める必要があったのか、またそれをなぜ碁打ちの人間が手掛ける運びになったのかといった背景も含めて、この物語で主人公算哲は様々な人間と関わりを持ちます。その様々な人々の期待に引っ張られ、また背中を押され、叱咤激励の中、主人公は支えられて前進していきます。


 歴史的にも周知となっている改暦事業という大偉業も、人同士の繋がりがなければ成功には至らなかったかもしれません。
 そんな人同士の繋がりの大切さを教えてくれる物語です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿