2012年8月31日金曜日

「嗤う伊右衛門」京極夏彦 (角川文庫)


あらすじ
小股潜りの又市は民谷又左衛門の娘、岩の仲人口を頼まれる。
又市は過去に、窮地を又左衛門に救われた恩義もあり、この依頼を引き受け、その婿として境野伊右衛門を斡旋する。
ついぞ笑ったことがないと言われる摂州浪人、境野伊右衛門。
疱瘡に罹り、醜い顔となってしまっても凛とした態度を保ち続ける民谷岩。
いまだ語られることのなかった、新たな四谷怪談の始まりである。

 四谷怪談といえば幼い頃にテレビ放映の映画を観て、すごく怖い思いと、おどろおどろしい不気味な思い、そして岩を不憫に思う気持ちになったことだけは覚えているのですが、さて詳しい話の筋はどうだったのかというと思い出せません。

 この京極節で描かれる四谷怪談は、私のうろ覚えの話の筋とは明らかに違っています。
ですが、私は断然「京極流四谷怪談」の方が好きです。
 これまでの百鬼夜行シリーズでも見せてきた、京極氏独特の世界観や解釈によって人間心理が描写され、狂気と愛憎の物語は展開していきます。

 切ないです。悪役が憎くて憎くて堪りません。そして伊右衛門と岩の互いを想う気持ちが、これでもかと言う程にすれ違う様にヤキモキしてしまいます。

 ついぞ笑ったことがない伊右衛門が、ついに笑顔を見せた時とは……。


 京極氏の「巷説百物語」シリーズの又市が登場し、伊右衛門と岩を引き合わせる大役を担っています。視点を変えると、
「え? あの又市がこの日本の代表的な怪談の始まりに大きく関係していたって言うんですか!?」
とも思えるわけで、京極氏は日本文化の歴史を改変でもする気なのか、とも思えます。
 いや、冗談ですが、そのぐらいの出来の良さだと言いたいのです。

 冗談がてらもう一つ付け加えるなら、もしこの物語に京極堂が憑き物落としに登場していれば、きっと「四谷怪談」の悲劇も起こることなく、日本の代表的な怪談の一つが失われていたことでしょう。
 是非読むことをお勧めしたい一冊です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿