2012年7月15日日曜日

「のぼうの城」和田竜 (小学館文庫)



 映画化に先駆けて読んでみました。意外と悪くはないです。
 人はなぜ戦うのか、戦国という時代においても、その理由は人により様々だったでしょう。


 では、なぜのぼう様は戦うことを決めたのか。勝てる見込みもない戦いに身を投じたのか。
 人間にとって一番大事なものとは何なのか。
 そんなことを考えさせてくれる一冊です。
 本格的な歴史小説好きの方には、少し物足りなく感じるところがあるかもしれません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿