2012年7月26日木曜日

「駆込寺蔭始末」隆慶一郎 (光文社時代小説文庫)



 隆慶一郎氏の作品が好きな私は、悔しくて涙が出そうになりました。
 マンガの原作になった「一夢庵風流記」から氏の作品を読み始め、その他の作品も貪るように読みましたが、正直この「駆込寺陰始末」だけはどうにも好きになれません。氏の他の作品と仕上がりが違いすぎて、本当に同一人物が書いたものなのかと疑いたくなります。


 まず主人公に魅力が感じられないこと、ヒロインもキャラがいまいちなこと、話の筋もありきたりと数え上げるとキリがありません。氏のファンであるだけに、却ってこの作品だけは良い評価をしづらいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿