2012年6月27日水曜日

「背の目」道尾秀介 (幻冬舎文庫)


あらすじ
 売れないホラー作家・道尾秀介は、自身が訪れた福島県白峠村での不思議な体験について、心霊現象を探求しているという大学時代の友人、真備庄介に相談を持ち掛ける。
 ちょうどその頃、真備庄介は白峠村とその隣町で相次ぐ自殺者の友人・知人から似たような相談を受けていた。果たして心霊現象は本当に存在し、奇妙な出来事に関係しているのか、その調査に出向く真備・道尾一行。
 子供の神隠し、自殺者の生前の写真の背中に写る目、白峠村の河原で道尾秀介が耳にした妙な声、これらの謎に挑む真備シリーズ第一作です。

 霊現象探求所所長を務める真備庄介が主人公のホラー小説です。
 京極夏彦氏の長編小説で挫折してしまった人は、「背の目」の方が向いているかもしれません。同じようなことが「背の目」の方で簡潔に書かれていますので。先に京極氏の「姑獲鳥の夏」を読み終えてしまっていると、二番煎じ・薄っぺらいという感想が出てくるかもしれませんが。


 京極氏の「姑獲鳥の夏」は推理小説に、道尾氏の「背の目」をホラー小説に分類しているのには訳があります。理由は簡単です。道尾氏の「背の目」では、心霊現象としか言いようのないラストが待っているからです。
 そのラストはご自身でお読み頂いて、ご確認下さい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿