2012年5月25日金曜日

「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス (ダニエル・キイス文庫)


あらすじ
知的障害を持つ32才の男性チャーリーの知能は、およそ6才ぐらいである。
彼はビークマン大学の心理学、脳外科チームの実験的手術により、IQ180の知能を手に入れることになる。
だが天才的知能を手に入れた彼を待っていた世界は、手術前の彼が思っていたような世界ではなかった。
それに付け加え、知能こそ天才と言えるレベルに達したものの、彼の心、情緒は幼いまま。
そんな彼の目の前に現れる様々な人、出来事、そしてそれまで思い出すことができなかった自分の過去。
チャーリーは果たして、彼が憧れ続けた正常な一般人たちの仲間入りができたのだろうか。
そんな彼に訪れるあまりにも現実的な結末とは……。

 かつて読んだのは確かモスバーガーで勤めていた時です。アルバイトの女子高生にさらっと「これ、いいですよ」と言われて、ハードカバーのこの本を渡され読んでみることになったような覚えがあります。
 初めて読み終わったその時は、もう嗚咽が止まりませんでした。ボロボロボロボロ涙が溢れてくるんですよ。読んだのが自分の部屋だったんで、誰の目を憚ることなく泣きました。
 ですが、今回読み直してみると、全然泣けない。以前読んだ時と何かが違うんですよ。というかストーリーの細かい部分とか忘れてて、こんな話あったっけ!? な状態だったので、さほど詳細に記憶してた訳じゃないんですけどね。


 この違和感を調べるために図書館へレッツゴー。
 以前読んだものはハードカバー本。今回は文庫本。その2つを図書館で比べてみました。
 まずこの2つを比較しつつ読むと、明らかにハードカバーの方が味わい深い感じがするんですね。次に、言葉遣いは文庫本の方が後から出版されてるため、細かい部分で訳し方が違う。ただ文庫の方は後から手直しされてる分、訳としては適切な表現になってるところが増えています。とはいえ、一部は元の方がよかったと思える箇所もあるんですね。
 不思議ですね。適切な表現と、いいと思える表現というのは、どうもイコールの関係ではないようです。

 いずれにせよ、どうやら私が感じた違和感は、この紙面の大きさから受ける印象と訳し方の違いによるもののようです。他に変わったものと言えば……読み手の私くらいのものでしょうか。
 何かちょっと寂しいですね。かつて泣くことができた私と泣けなかった今の私。私の何が変わってしまったんでしょうね。
 もしかすると私は、チャーリーがいかにも嫌いになりそうな人間になり果ててしまったのかもしれませんね。今となっては、それはそれで仕方がありませんけども。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿