2012年3月13日火曜日

「告白」湊かなえ (双葉文庫)



 映画の方は見損ねてしまったんですが、何か気になるなぁと思って買った小説です。
 一言で感想を言うなら「誰も救われない。でも気分はすっきりする」そんな作品です。

 この手の小説は内容的な部分で賛否両論あると思います。
 これを読んだ感想として「すっきりする」なんて言おうものなら、未成年の人権をどう思ってるんだとか、この話のその後を考えたら何も解決できてないじゃないかと言われてしまいかねない内容です。

 極論ではあるけども、こういうばっさりやってしまうのも私としてはありだと思います。何せ小説ですから。別に啓蒙書とかじゃないんですし。


 構成については冒頭の無駄とも思える担任の女性教諭の話が、全て第一章後半に向けての伏線となっています。そして読んでる途中で何かの伏線だろうなと気付きます。その何かにもある程度気付きます。
 通常、多くの小説の場合は先がある程度読めると詰まらなくなるのですが、この小説は気付いてしまったがために、逆に気になって先を読み進めてしまいたくなります。そんな作品です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿