2011年10月26日水曜日

「江戸川乱歩傑作選」江戸川乱歩 (新潮文庫)



いわゆる古典ってのになるんでしょうか。
こういうのって評価難しいですよね。
もうすでに古典としてある程度の評価受けてる訳ですから。

個人的には明智小五郎の登場する話が読めただけで十分かなぁ、とか思ってますです。
いわゆる名探偵という肩書きの人物ですが、意外と平凡と言うか並々ならぬ才能の持ち主という訳でもなく、どちらかというと地道に努力して現場を調べるタイプの探偵さんだったんですね。


最近の、超人的な閃きであったり特殊な能力での安易な解決だったりしないところが、個人的には好感持てました。
振り返ってみて、今まで自分が好感持てた主人公って得てしてこういうタイプだったかも。
確かに特殊な能力とかで事件解決とか悪者やっつける主人公ってカッコイイんですけどね~。
この辺りは個人の好みなんでしょうね。