2011年9月10日土曜日

「難民探偵」西尾維新 (講談社文庫)



タイトルに釣られたクマー(´・ω・`)
思わずそんな感想が出てしまいました。
タイトルは面白そうだったんだけどなぁ。
とりあえず読みにくい。
読みにくさの原因が何なのかは分かってるんですけど、これってわざとなのかなぁ。

トリックと言うか最後の謎解き部分は悪くないと思います。
個人的には、内側から閉める鍵をどうやって閉めたのかの説明は欲しかったところですが。

主人公(?)の女の子は、話の展開上、別に就職浪人である必要性とかは全くなさげ。
この辺にそんなにページ数割かなくてもいいじゃん。


事件絡みの話が動き始めるのが半分以上読み進めてからということで、前半はかなり苦痛でした。
あとこの方の「クビキリサイクル」も読みましたが、どうも端的に表現するのを嫌っているのか、絵画で言うと印象派のような、ぼやかしつつ全体像を作っていくような感じなんですよね。
自分なりの表現の切り口となる言葉でスパスパ伝えてもらう方が、私は好きかなぁ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿