2011年8月16日火曜日

「クビキリサイクル」西尾維新 (講談社文庫)



今、売れてる、よく名前を目にする書き手の一人の西尾維新さん。
今回のターゲットはこれだっ! メフィスト賞受賞作「クビキリサイクル」
誰が犯人なのか、タイトルも含め前半にヒントを出し過ぎた感がありあり。
第3の事件発生に到っては、もはや犯人が誰なのかまではすぐに分かってしまう。

問題はトリック。
第1の事件は超簡単。第3の事件はトリックでもなんでもない。
問題は第2の事件のトリックのみ。
ここを考える時、どうしても共犯者が必要。
その共犯が誰かが難しいのですが、これはある意味、誰でもよかった。
共犯者が必然的に「この人」になるのは、エピローグに入ってからの話。
ここで動機についての推理を読むことでしか共犯者には辿り着けない。

エピローグに犯人の真の狙いが描かれ、その伏線が物語の中に散乱してるのですが、すごく雑い。
エピソードのためにいかにも配置しましたみたいな印象。
この伏線をいくらかき集めても、最後のカラクリには辿り着けない。
まずエピソードありきな伏線。


魅力を持たせたキャラで話を進めるタイプの作家なのか、話の内容的には多分賛否両論。
語り部の言葉を借りるなら「どんな動機だろうと関係ない。あったとしても興味がない」軽くそう言ってしまえる程、ドライに描かれたお話でした。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿