2011年7月28日木曜日

「秘密」東野圭吾 (文春文庫)



東野圭吾氏。現在、最も売れてる作家の一人ではないでしょうか?
彼の作品のオススメ上位でよく見掛けたタイトルということで買って積ん読してたのですが、遂に読了しました。
やっとレビューが書けます。

この作家さんは読み手に最後の真実を推理させたり、確認させたりするのが好きな印象を受けました。
つい私も読み終えてからパラパラと読み返して、果たして本当はどちらだったのかと手掛かりを改めて探してみて、これでよかったのよね、なんて言葉が続きそうな、ぼんやりと庭に目をやる直子の台詞。
この辺が手掛かりの一つなのかなぁ。

あと表現自体は平易。
直接的な心情描写は抑えつつも、行間を読むことで物語の人物たちの心情を想像、補完させるのが上手いかと。
内容的には、元々の設定があり得ないような話なので何ともコメントし難いです。


ただ、もし入れ違ったのが妻と赤の他人の女性や、二人の間にいたのが娘ではなく息子で、妻が息子の身体に入った場合を想像すると面白いかもですね。

ただ最終的にはどうにも手放しでハッピーエンドを迎えるのが不自然で、落ち着きやすいところに落ち着いた印象でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿