2016年9月14日水曜日

「獣の奏者(1)~(4)」上橋菜穂子 (講談社 青い鳥文庫)

獣の奏者(1)

あらすじ

物心もつかない年頃の少女エリンは、真王(ヨジェ)が治めるリョザ神王国の闘蛇村で暮らし、幸せな日々を送っていた。
だが大公(アルハン)の闘蛇を死なせた罪に問われた母との別れを境に、その幸せな日々は終わりを告げた。

エリンは母の決死の術によって死地を逃れた後、蜂飼いのジョウンに拾われて九死に一生を得る。
その後エリンは生き物の不思議さに興味を覚え、またジョウンもエリンのその才能に思うところがあって、王獣学舎の長となっている旧友のエサルに彼女を託す。

ある日見た王獣の魅力を忘れられずにいたエリンは、母と同じ獣ノ医術師を目指す。
野生の王獣と心を通わせることのできる少女エリンの数奇な運命の物語が幕を開ける。

今回読んだ上橋菜穂子さんの「獣の奏者」は青い鳥文庫の(1)~(4)までで、これらは現在、講談社文庫から出ている「闘蛇編」と「王獣編」に相当する部分である。
ジャンルは児童文学ということもあり、話の筋はシンプルで子供向けではあるものの、使用される言葉遣いは若干子供向けとは言い難い。

作品の出来としては先に読んだ「精霊の守り人」よりも、主人公に親近感が持てて読みやすい。
これは主人公が幼い少女であるということが深く関係しているのかもしれない。
見知った少女の成長を見守るような気持ちで、話の続きを読みたくなる。
テレビでモモクロのメンバーを見る時、姪っ子の活躍を見るような気持ちになるのと近いのかもしれない。

2016年9月8日木曜日

「満願」米澤穂信 (新潮社)

41FtdEgl4hL._SX344_BO1,204,203,200_

日常と地続きの、ゾッとさせる怖さがある。
何かが「日常」に潜んでいるわけではない。
「日常」そのものが実は得体の知れない「非日常」である。
だが私たちは「日常」という言葉を使ってその現実から目を背け、非日常的な日々を何となく過ごしているだけにすぎない。
灰原はこの「満願」を読んで、そんな思いを抱いていた。

夜警

あらすじ

小心者の新米警官が自分の不始末を隠蔽しようとある事件を画策する。
だがその事件が仇となり、その新米警官は命を落とすことになる。
先輩警官の柳岡は新米警官の犯した不始末が何だったのか、そしてその隠ぺいのために画策された事件のあらましを憶測する。
だがそれを知ったところで、柳岡はどうするということもない。
その胸中に思うことは何なのか。

警官としてどうこうという話ではない。
人が他者に接する時、現在多くの場合このような振る舞いをするのではないか。
特殊な事例ではなく、世間にありふれた話であるはずなのに、そのありふれた「日常」に怖さを感じる。
人付き合いの苦手な灰原にとって、ここに描かれた人々の姿は決して他人事ではない。
だが他人事ではないからこそ、灰原はますます人との関わりを避けようとも思うのだった。

2016年9月6日火曜日

「別冊図書館戦争2」有川浩 (角川文庫)

灰原は思った。
いないなら、自分がそのあほっぽい女になればいいんじゃないか?
はるのっち誕生の瞬間である。

しかしこの時、灰原は一つの大きな誤算に気付いていなかった。
自分がはるのっちになれたとして、「図書館戦争」の堂上と郁のような恋愛ができるわけではないということに。

当然だが、自分がはるのっち役をしたならば、一体誰が灰原役をするというのか。
一人では帰宅後、プロレスごっこでじゃれ合う堂上と郁みたいな恋愛ができるわけがない。
そう。一人では何もできないのだ。
そのことに灰原は気付いていなかった。
つまりバカである。

2016年8月10日水曜日

「別冊図書館戦争1」有川浩 (角川文庫)

51a1qn6sPeL._SX350_BO1,204,203,200_

「……はっ」
目を覚ました灰原の額は、粘り気を含んだような汗にまみれていた。
「何だったんだろう、あの女は」
知らない異性が夢に出てくる、それはフロイトだかユングだったかが、自分が男なら自分の女性的な部分を表しているとか、自分が理想とする異性像を表しているとか言ってたような気がする。
はて。あれが俺自身の女性的な部分だとすれば、かなりあほっぽいな。もし理想像だというなら、俺はあほっぽい女が好きなのか。

確かに嫌いではないな。
ベッドに仰向けのままどこともなく天井を見やりながら、一人納得する灰原だった。

2015年8月17日月曜日

「図書館革命」有川浩 (角川文庫)



 短いやり取りだった。それでも灰原にしては少し話し過ぎたのか、彼は喉に渇きを覚えた。
 本来、灰原は人と話すことが苦手だ。口下手というよりも、人と言葉を交わすことに慣れていない。今回は話し相手が心の友、はるのっちだったからこそ、ここまで語れたと言っていい。
 ベッドスペースを除くと実質四畳半となる、マンションの一室が彼の住処だ。一人でも窮屈に感じる部屋である。そこに二人もいる。当然、その二人の体温だけでも、室内の温度は上がりに上がる。加えてこの夏の暑さだ。灰原にとってはダブルパンチどころではない。不慣れな会話による照れ臭さも相俟ってトリプルパンチだった。

2015年8月15日土曜日

「図書館危機」有川浩 (角川文庫)



「これを見るがいい!」
 徒花スクモの手になる、ポップで可愛らしいイラストが描かれた表紙を灰原は指差した。そこにはミリタリー系の服を着た女性が通信機を口元にあて、何かを声高に叫んでいるような姿が描かれている。
「ただのラブコメものであれば、このようなイラストが必要であろうか。否、断じて必要ではないはずだ。確かにラブコメ要素は強いと言わねばなるまい。前巻では笠原郁言うところの王子様が実は堂上であった、などという筋書きは、読み手にしたら『何を今さら。そのくらいの展開は読めておるわ』と言いたいところであるのは、共感して止まぬ。だがそこだけを指摘して、底の浅い物語だと断じることができようか。いや、できまい!」
 にやにやした笑いを顔に浮かべて、はるのっちは灰原の演説に聞き入っている。灰原はそんなはるのっちを意にも介さず、滔々と語り続けた。
「笠原郁が戦うのは、何もメディア良化委員会やその実行部隊である良化特務機関、良化法賛同団体だけではない。一つのコミュニティに発生する人々の軋轢や小競り合い、さらには親が子供に懸けてくる勝手な理想や期待とも戦うのだ」


 はるのっちはここで小さく手を挙げ、先生に対する生徒のように抗議の声を上げた。
「親の理想や期待と戦うのに、通信機や戦闘服は必要ないと思うんですけど」
「うるさい。黙れ、オカマ野郎。あれは強調表現だ。戦うということを、あの姿で象徴しているにすぎんのだ」
 灰原は間髪入れずにその抗議を切って捨て、話し続けた。
「生じてしまった親子の確執が、そう簡単に和解に至るのかと言えば、そんなことはあり得ない。そのくらいは俺だって自身の経験から知っている。それが現実だ。だがその現実は望まれるべき現実なのか? 本音はどうなのだ。できることなら和解して、親に自分を生んで育ててくれたことを感謝したい気持ちがあるのではないのか。この物語はその願望を、夢物語とはいえ疑似体験として叶えてくれているのだ。それの一体何が悪いというのか」
「でもさぁ……」
 どうしても納得できないという様子で、口を尖らせてはるのっちは言った。
「堂上が電話口で郁とやり取りする場面でさ、『ポン』っていう頭を軽く叩くような擬音を口に出すのは、ちょっとやりすぎじゃない? あそこ読んだ時は『ないわーwww』ってなったもん」
「うん。まぁ、あそこは俺もそう思った。大体それまでのキャラとして、堂上はそんなことをするキャラじゃなかったからな。男視点としては、臭い。臭すぎる。そんな男いねーよ、という印象が残ったな」
 戦い云々について話していた灰原であったが、さすがにこの場面はないと思っていたのか、ラブコメ要素の箇所だというのに、ついはるのっちの意見に同意を示してしまった。(続く)

読書期間:始)2015.4.20 ~ 終)4.22

「図書館内乱」有川浩 (角川文庫)



 わずか八日間で有川浩の「図書館戦争シリーズ」を読了してしまい、灰原士紋は困惑していた。己の遅読ぶりを誰よりも知っているだけに、その驚きは並々ならぬものだ。だがそれ以上に、読後の余韻が心地よく思われた。
 そこへ心の友、はるのっちが口を差し挟んできた。
「意外とラブコメとか好きだったんだねぇ」
 うるさい。黙れ、このオカマ野郎。いつもの灰原なら、そう言い返してやるところだったろう。だが、今回は言い返せなかった。
 というのも、自分が本当はラブラブなストーリーも大好きな人間だというのに、自分でも知らないうちにそのことをひた隠し、己は硬派であると自分に言い聞かせ、己を欺いてきただけにすぎない、ということに気付いてしまったのだ。
 しかし灰原も揶揄されてそのまま黙っている口ではない。読み終えて机の上に積んでいた単行本を掲げ、ラブコメだけの話ではないことを主張した。
「確かに全体的には、テレビのゴールデンタイムに放送されるようなドラマ仕立てのお話ばっかりさ。ご都合主義もいいところだと糾弾されかねんところはある。でも押さえるべきポイントだって、俺はちゃんと押さえてある!」
 そう言って灰原は該当ページを開き、はるのっちに見せた。


「ここだ。〈『子供だまし』って! 『子供だまし』ってバッカじゃないの! あったりまえじゃないのよ、子供のために書かれた本だっつの! 横から大人がしゃしゃり出て『大人の鑑賞には耐えない』とかさぁ、オモチャ屋で戦隊ロボ捕まえて『これは大人の嗜好に耐えない』とか言ってるのとおんなじくらいバカだって気付け! じゃあ買え、ASUMOでも何でも存分に!〉」
 灰原は声を出して、その部分を読み上げた。その直後、恥ずかしさで耳まで顔を赤くした。
「ほほぉ。なるほど。確かにこういうバカな人って、実際にいるもんねぇ。そういう人種に言って聞かせてやりたいよね、私なんかじゃなくってさ」
 そう言ってはるのっちは目を細めながら、本当におかしそうに笑う。今にもwww(うぇっうえっうぇっ)とでも声を出しそうだ。
 くそっ! くそっ! とはらわたの煮える思いで、灰原は次巻の「図書館危機」を、はるのっちに見せるように持ち上げた。(続く)
読書期間:始)2015.4.18 ~ 終)4.20

2015年8月11日火曜日

「精霊の守り人」上橋菜穂子 (新潮文庫)



 本屋大賞を受賞した著者の代表作の一つ、「守り人」シリーズの第一弾です。
 どうして本屋大賞を獲った「鹿の王」から先に読まないのか。それは私が天邪鬼だからであり、賞を獲る前にはどんな傾向の作品を書いていたのか、ということに興味があったからです。
 確かに今までは賞を獲った作品を優先的に読んでいました。でも、その著者の書く物語の傾向が、まず自分に合うかどうかの方が大事だなと気付いたんですね。楽しめるかどうかは、そこに掛かっている。いくらすごい賞を獲った作品でも、合わなければ間違いなく楽しめない。こんな当たり前のことに気付くまでに随分と時間が掛かってしまったものです。
 さて本作についてです。私には馴染みのない児童文学と呼ばれるジャンルの作品で、異世界ファンタジーのお話です。ただ、児童向けの話だというのに、主人公が三十代の女性とは此れ如何に。


 私としては微妙に感情移入しづらかったですね。少年少女たちが読んで、果たして感情移入できるのでしょうか。
 話の筋は子供でも追えるシンプルなものです。ただ漢字や言葉が児童向けとは言い難いです。大人でも、読んでいる途中で辞書を引くかもしれません。

 共感できたところと言いますか、この物語の言いたかったことは、これなんだろうなってところを抜粋しておきます。
「なぜ、と問うてもわからない何かが突然、自分を取り巻く世界を変えてしまう。それでもその変わってしまった世界の中で、もがきながら、必死に生きていくしかないのだ。誰しもが、自分らしいもがき方で生き抜いていく。まったく後悔のない生き方など、きっとありはしないのだ」
 現実に置き換えて考えてみると、例えば学生だった人間が就職して社会人になった時、あるいは中学から高校に進学した時なども、自分を取り巻く世界が変わってしまいますね。誰しも子供のままではいられない。いずれは自力で五里霧中、暗中模索ででも道を切り拓いていかねばなりません。たとえどんなに無様であっても、です。
 辛い、苦しいと思う時もあるでしょう。もっと華麗に生きたいものだと、己の境遇を呪うかもしれません。だけどそうした姿もまた受け入れるべき自分の生き様であり、その中であがく、もがく姿こそ生きるということなのだと私は思っています。

読書期間:始)2015.4.16 ~ 終)4.17